会社案内

当社の特長

東科精機では、工場・船舶向けの各種検知警報器・測定器をメインに幅広い分野の各種測定器の製造・販売や船舶向けLED照明、施設向け、住宅向け、船舶向け等のセキュリティカメラ、レコーダーシステムのお取り扱いをしております。

  1. 工場(生産、消費設備など)・船舶(危険物運搬船など)向けのガス爆発事故を未然に防止するガス検知警報機・測定器の製造・販売
  2. 各種船舶向けLED照明の製造・販売
  3. 施設向け、住宅向け、船舶向け等のセキュリティカメラ、専用レコーダーの製造・販売

会社概要

社名 株式会社東科精機
本社所在地 〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-239-2
電話 044-722-2000
FAX 044-722-7460(営業・サービス)
044-711-8099(開発・製造)
資本金 5,000万円
設立 1959年3月
従業員数 20名(2017年11月現在)
役員 代表取締役社長 松波 登
取締役 3名、監査役 1名
取引銀行 横浜銀行 武蔵小杉支店
みずほ銀行 武蔵小杉支店
三菱UFJ銀行 武蔵小杉駅前支店
三井住友銀行 武蔵中原支店
川崎信用金庫 武蔵小杉支店

沿革

1959年3月 会社設立
社名   :東科精機製作所
事業概要 :炭鉱向けメタンガス検定器製造
社長   :松波 正太郎
所在地  :東京都港区麻布
1961年4月 社屋移転 所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子
1963年9月 ガス漏洩警報器(接触燃焼式)製造開始
1967年5月 株式会社登記 社名:株式会社東科精機製作所
1973年5月 タンカー用ガス警報装置開発
1985年7月 社名変更 社名:株式会社東科精機
1988年3月 光干渉式ガス測定器開発
1989年6月 毒性ガス漏洩警報器製造開始
酸素濃度警報器製造開始
1991年1月 残留塩素測定制御器製造開始
1997年6月 社屋移転 所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町
2001年4月 船舶向けウォーターバラストタンク用ガス検知器販売開始
2001年6月 肉類鮮度計バイオフレッシュ2000シリーズ販売開始
2005年7月 固定式光干渉型濃度計210シリーズ販売開始
2008年5月 4-20mA出力TCISシリーズ酸素検知部販売開始
2009年1月 4-20mA出力TCISシリーズ水素/毒性検知部販売開始
2009年8月 品質マネジメントシステムISO 9001取得
2012年1月 船舶向け機関室用LED「MLシリーズ」販売開始
2015年5月 マルチガス検知器「クワトロ」販売開始
2017年1月 携帯型4成分検知器「XA-4000Ⅱ-T」販売開始
2017年2月 セキュリティカメラ・レコーダーシステム「Vissarr」販売開始

アクセスマップ

株式会社東科精機

〒211-0063 神奈川県川崎市中原区小杉町3-239-2
TEL : 044-722-2000
FAX : 044-722-7460

電車の場合

JR南武線「武蔵小杉駅」北口(南武線口)バスターミナル、
または、東急東横線「武蔵小杉駅」より、
南武線の線路に沿って西へ徒歩5分。中原区役所向かいの南武線高架下です。

自動車の場合
◎東京方面から
  1. 中原街道で丸子橋を渡り、[丸子橋]交差点を道なり左方向の綱島街道へ
  2. [上丸子小学校前]交差点を左折
  3. [上丸子山王町2丁目西側]交差点を右折
  4. 武蔵小杉駅バスターミナル通過後、[小杉町]交差点(左手前コインパーキング、左手先GSエネオス)を左折
  5. 南武線高架下右側の[餃子の王将]の手前を右折し(一方通行)、150m先左側です
◎川崎方面から
  1. 南武沿線道路武蔵小杉駅バスターミナル通過後、[小杉町]交差点(左手前コインパーキング、左奥GSエネオス)を左折
  2. 南武線高架下右側の[餃子の王将]の手前を右折し(一方通行)、150m先左側です
◎府中街道・府中方面から
  1. 中原街道で丸子橋を渡り、[丸子橋]交差点を道なり左方向の綱島街道へ
  2. [上丸子小学校前]交差点を左折
  3. [上丸子山王町2丁目西側]交差点を右折
  4. 武蔵小杉駅バスターミナル通過後、[小杉町]交差点(左手前コインパーキング、左手先GSエネオス)を左折
  5. 南武線高架下右側の[餃子の王将]の手前を右折し(一方通行)、150m先左側です